公衆電話の日(9月11日)

1900年9月11日 街頭に置かれる日本初の公衆電話が東京の新橋と上野駅構内に設置されたそうです。

東京オリンピック(前回の)は知りませんが、大阪万博は知っている、私のような世代においては、

今のように便利なケータイのなかった時代の公衆電話にかかわる思い出は、おかしく笑えるくらい懐かしい。

当時、近くの駄菓子屋の店先に赤い公衆電話があったのですが、子供のころは使うことはありませんでした。

掛けるとすれば、家の母親へか、友達の家くらい。まだ小さなコミュニティ、相手も少なかった。

そもそもその範囲なら、直接行くか、駄菓子屋のおばちゃんが伝言してくれていた。ローテクだが、

こちらの事情や表情を汲み取って、うま~く言ってくれるのでいろいろ(?)重宝したものでした。

中学生くらいになると、家の電話を使えない深~い事情も出てきて、あの公衆電話は使いたいが

さすがに使えませんでした。昼間なら、近所の子供や、鼻たれ、たれ込み名人の弟もくる。

店の奥には、表情を読むことのできる、強者もいる。さらに夕方6時になったら店が閉まり、

公衆電話は片付けられ、結局、自転車で行かないといけない、村はずれの公衆電話まで行くのでした。

ガラスに囲まれたボックス内は雑音も少なく、適度の囲まれ間は落ち着いて話が弾みました。

ですが、特に夏の西日の暑さと蚊がまとわりつくあの不快感は忘れられません。時々、どうも同様な

事情なのでしょうか、通学自転車を降りた学生が、やや遠巻きにしてこっちを見て、電話が終わるのを

待っていることもありました。あの村はずれの公衆電話の受話器にはいろんな汗が染みていたと思います。

「3分10円」と時間の価値を学んだのも公衆電話でした。けれど深い事情の話は見通しが立たないので

とりあえず、目いっぱいの10円を持って出ました。両替は近所の駄菓子屋で・・・

10円でつなぎ続けるか、100円投入でじっくりいくか、勝手な葛藤をしつつ、

100円ですぐ終話したことも。結局、苦い思い出には“損”も多かったかもしれません。青春でした。

さて、当院の公衆電話、このケータイ100%の時代にあっても廃止しておりません。

かつては玄関脇にありましたが、3階談話室前に移動しました。もはやお使いになる方は少ないだろうと

推測しますが、今度は災害に強いツールとして活用しようと移設しました。

時代は変わっても大事な人と人とをつなげる電話、もしもの時の生の声は、安堵と安心感があります。

当たり前への感謝

ネット通販はとても便利である。先日も大手外資系通販で買い物をした。

ネット通販のいいところは家に居ながらにして、いつでも購入できることや

ちょっと珍しいもの、特殊なものなど専門店が近郊にないとき、検索で簡単に見つけられて

そして多くの商品が店舗を構えているところより価格が安いことである。

配送も早く翌日には自宅や会社に届き、コンビニを指定すれば24時間いつでも受け取れる。

もうこの魔法のような快適さ、便利さに、やみつきとなり、つい買い過ぎてしまいそうになるが

こうした便利さを下支えしているひとつが、配送業者である。

近年のネット通販の普及で取り扱い荷物が急増する中、多様なニーズへの対応やサービスを提供してきた

配送業者は、慢性的な人手不足とで過重労働になっていると報道で聞いた。

苦肉の策として、行き過ぎたサービスの見直しや配送料の改訂(値上げ)を実施し始めたとの事だが

よく利用する者としては理解しようと思う。

私はこれまで配送業者の不在票がポストに入っていると、ドライバーの携帯に直接電話をし

届けてもらっていた。「今、帰ってきた。なので、持って来て」と当たり前に再配達を依頼していた。

サービスの内と考えていたかもしれないが、客観的になってみれば随分と横着なものだと思う。

今回、やはり不在票が入っていた。つい、いつものようにドライバーに電話してしまったが

出なかったので、改心して営業所に連絡し、荷物を留め置きしてもらい、こちらから引き取りに

出向くことにした。

「それ、あなたの自己満足では?」とのご意見もありそうだが

改心の理由は、当たり前と思って感謝の気持ちを忘れてしまっていたなと感じたこと

また当たり前の裏には多くの人の努力や苦労があるものだと、気付かされると、家庭や職場のような

身近な人たちに、改めて感謝しないといけないと感じたから。

春の景色

五月の朝。早苗なびかす風は温かな陽の光がさしていても北よりでまだひんやりする。

ちょうどよい気温の中、長袖の木綿シャツを二度たくし上げ、素足にサンダルで、たんぽぽ、どくだみ草

よく見るが名を知らない草たちの野道を行けば、すこし湿った空気に青い匂いがする。

風が運んできた若葉の匂い。

「ゲッ、ゲゴ、ゲゴ」と姿は見えないが、蛙の輪唱。わずかに波打つ底まで澄んだ水面をのぞけば、

1センチ足らずのおたまじゃくしが元気よく泳いでいる。

でもまだ小さいためか、遠くに行かず近くをなんとなく群れている。

ふと、見上げれば何かが、羽ばたいては羽を止める緩急つけた飛び方はまさしくツバメ。

目も追えぬくらいの速さだったが近くの民家の小屋へと消えた。

蛙の声にかき消され気付かなかったが、空高いところにひばりもいた。

耳を澄ますと「チュッ、チュッ、チッチ」ツバメのヒナの声も聞こえてきた。

親ツバメは這いでてきた小さな虫をついばみ、ヒナたちに与えているのだろう。

古くからツバメは農耕の友として、家の守り神として、また子供を産み育てるおめでたい鳥として

愛されてきた。ヒナたちが巣立つまで人々の近くで見守られ、いつしか巣立った頃には安堵感の一方、

淋しさ伴い郷愁を誘う。

人の手で世話ができないだけにやきもきすることもあるのだが、

見守る側もまた嬉しい、なんだろう、まるで親のようだ。

あこがれの人

 さきごろ、行われたフィギュアスケートの世界選手権では羽生結弦選手が3年ぶりに王座を奪還。

SPで5位と出遅れたもののフリーではノーミスの完璧な演技を披露し世界最高得点をマークしました。

また、2位の宇野昌麿選手は3種類の4回転ジャンプ4本すべてを成功させました。

優勝した羽生選手とはわずか2.28点差と肉迫。宇野選手のレベルの高さに注目が注がれています。

その宇野選手はインタビューで「今回ベストの演技をしたうえで、やはり(羽生先輩には)

かなわなかった。ただ、目標であることには変わりはない。負けたくないという気持ちがある」と

ライバル心を露わにしたそうです。

幼いころから、あこがれの羽生先輩の背中を追いながらも、体格、筋力の発達は追いつけず

悶絶していましたが、19歳となり少年が青年となり鍛えられた肉体を備えた今は、

十分張り合えるようになりました。さらには大人の色気もまた帯びてきました。

フィギュア界には頼もしい次世代が控えています。

 さて、新年度になり、どこも新入社員を迎え、新人共育に余念がないことでしょう。

てっとり早くは先輩がするように真似させたり盗ませたりさせ、新人は目前の先輩を目標に

追いつこうと努力します。

一方、指導する先輩は正しく教える責任、また教える中でわかる自身の未熟さや不勉強、

プレッシャーや焦りも感じながらも共に励みます。常に努力し上を目指す姿は後輩に共感を

呼ぶことでしょうし、そうした向上心のある組織は一体感があるように思います。

選手同士が、大変仲の良い、日本のフィギュア界はそれが強く感じられます。

ちょうどこの原稿を書いているところに、浅田真央選手の引退のニュースが飛び込んできました。

ジュニア時代に、浅田選手を参考にしトリプルアクセルが跳べるようになった羽生選手は、談話で、

浅田選手のこと「ずっとあこがれの人」と特別な思いをあらわしたとのことです。

あなたにとって、あこがれの人、いますか?

その時に備えて

あの日から6年

東日本大震災は日本中の人々の心を、例えて言うなら胸に穴を開けたような

空虚感、無力感、はかなさを残してしまいました。

けれども、テレビ等で伺う被災者の方々の過酷なりにもたくましく生きんとされる姿には

むしろ私たちの側が勇気をもらい奮起させられます。

そんな私たちこの地方に住む者も迫りくる大地震に警戒しなければいけません。

南海トラフ大地震のことです。

今や職場や自治体、校区ごと各方面で災害訓練等盛んに行われているようです。

当院も定期的にさまざまな状況を想定して備えをしています。

しかし、あの震災を上回るかもしれない被害想定に訓練するほどにその困難さと

大きな不安が募るのです。

万一津波の襲来の危険のある場合には帰宅を制し上階へと避難していただきます。

お越しくださっている患者さまに

院内では避難誘導等に従っていただくこともそうですが、ぜひ日常より備えとして

地震の知識、被害想定、避難経路や情報の取り方、またご家族との非常時の安否確認のための

連絡方法などしっかり話しあっておいてください。

リボーン・リフレッシュ・リスタート!

今年最初の大当郎の風のテーマです。

このテーマ、今年当院が掲げるスローガンです。

直訳すると、『生まれ変わる・心機一転・再出発』という辺りでしょうか

人生には艱難辛苦や試練に翻弄され悩んだり迷ったりとコンパスが狂うこともあるものです。

しかし、人はそうした荒波のときこそ、実力が試され、また立ち止まり、

真に必要なもの、大事なものを見出すものだと思います。

経営もまた同じです。これまでにもいろんな事がありましたが、おかげさまで

開業から22年、地域の方に愛され、信頼されここまでまいりました。

 

開業当時生まれた女の子が今は妊婦さんとなり、間近の出産を心待ちにされておられます。

二代にわたる親子の話には喜びや感慨深いものを感じます。また改めて社会的責任も

感じずにはいられません。

ちょうど一つの時代が巡り、新しい時代を迎えたかに思うこの年頭に、

スローガンのごとく新たな決意と志をもって、ちょうど帆船がどんな風でも進むように、

真白な帆を高くあげ新たな出航をしたいと思います。

児童書「もしも地球がひとつのリンゴだったら」より

もしも45億年の地球の歴史を1年間に縮めたら・・・

1月1日地球が誕生

2月中旬ごろ月が現われる

2月の3週目陸と海と大気ができる。陸は分かれていくつもの大陸になる

3月の3週目海に最初の生命が生まれる

6月の中旬ごろにかけて海に藻類が誕生して光合成で大気中に酸素を放出し始める

6月末最初の氷河期が始まる

11月初旬べつの氷河期がおこる。小さな魚など高度な生命体が現われ始める

11月の終わりから12月の中旬にかけて新たにさまざまな生物が進化して陸に最初の生物が現われる

12月31日になってようやく人類登場

もしも35億年の生命の歴史を1時間に縮めると・・・

バクテリアのような単細胞生物が現われるのは最初の1秒

魚は51分10秒、両生類は54分10秒に登場

恐竜は56分に現われて、その3分後に絶滅

哺乳類は56分25秒に登場

初期の鳥が現われるのは58分

人類のもっとも初期の祖先は59分56秒にようやく登場

人類の直接の祖先、現生人類が現われるのは59分59秒8になってから

もしもあなたの人生が12枚に切ったピザだとしたら・・・

4枚は学校や仕事場で過ごす時間

4枚は眠る準備をする時間と寝ている時間

1枚は買い物や家の手伝いなどで使う時間

1枚は通学や通勤、旅行などの移動時間

1枚は食事の準備や食べている時間

のこりの1枚はスポーツやボランティア活動やレジャー、レクリエーションの時間

 

本書は大きなものを身近なものさしに縮尺して分かりやすく解説した児童書ではあるが、

読み手によっては広く深い意味を想起させる。

大自然に対しての畏敬、人類の傲慢さとか。自らに問うのなら、日々のわずらい事の小事たることを。

悠久なる時間の中では、一瞬に過ぎない一生をどう生きるの。昨日までの自分は何か遺してこれただろうか。

さて、明日はどう過ごそうか。十三夜の月に尋ねてみたいものだ。

奇跡の7分間

JRの東京駅で新幹線の清掃作業を終え、一列に並び乗客に一礼するテッセイ(JR東日本テクノハート)の

従業員らの姿を現地でまたはメディアなどでご覧になったことがあることでしょう。

「奇跡の7分間」と絶賛され、折り返し運転までの乗客の乗降時間を除く7分間に清掃員はテーブルや床、トイレの清掃、

忘れ物確認、座席の方向転換などの作業を終える。そのテキパキとする姿、また乗客へのこまやかなサービスなど

話題になっています。

 

実は、同社は以前から清掃作業を担っていましたが、苦情も多く、きつい仕事のため離職率も高く、

従業員のモチベーションも上がらず、問題点を多く抱えていました。

それを立て直したのはJR東日本から経営企画部長として送り込まれた矢部さん(69)。畑違いの部署からの着任後、

自信を喪失していた現場に活気とやる気を取り戻すべく「新幹線劇場」と称し職場の雰囲気を一新することを始めました。

従業員の声に耳を傾け、休憩所の環境を良くしたり、制服を変えたり、幹部登用の道を拓くなど

積極的に取り組みました。

しかし、もっとも従業員の意識を覚ましたのは、ひとりひとりに語って回った、

「皆さんは清掃のおばさんではない。日本が世界に誇る新幹線を掃除という面から支える技術スタッフなんだ!」

本気と情熱のこもった矢部さんの強い意志に、従業員はだんだんと目が輝きはじめ自分たちから積極的に

掃除道具について提案するなど、誇りをもって清掃業務にあたるようになったそうです。

矢部さん自身、親会社からの出向、「どうせ、行くからにはいい会社にしたい」と、悔しさを強い信念にかえて

自分も変わる決意と覚悟で臨んだのでした。

矢部さんの心境を悟ったかどうかは不明ですが、矢部さんを信じ、変わることに勇気をもった従業員も

また偉大だと思います。

 

今では世界の次期ビジネスリーダーが通う米ハーバード大経営大学院経営学の講義で、なぜここのスタッフは

いきいきと仕事をしているのか、いかに従業員にやりがいを感じてもらうかをテーマに教材として学ばれています。

みなさんも、秋の行楽シーズンに新幹線に乗る機会がありましたら、想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

参考書籍:新幹線お掃除の天使たち 遠藤 功 あさ出版

上記図書に詳しく描かれています。

患者さんと病院を支えるスタッフ Vol.2

自然分娩で初産婦さんの場合、出産まで長い方では1日かかるなどと言われています。

詳しいお産までの進行については助産師に説明を委ねるとして、どの妊産婦さんも

赤ちゃんとの対面の時までは、陣痛の痛みに耐えながら、待ち続けなければいけません。

でも、けっして独りでなくって、助産師や医師、ときにケアセラピストが寄り添い、

そしてなにより、ご家族がその瞬間までそばに居て一緒に耐え忍んでくれています。

 

そして、私どもの厨房スタッフも、キッチンでその知らせを心待ちにしている一人です。

まさに、いつお産になるとも分からない状況にあっては、食事の準備は柔軟に対応します。

できるだけ出来立ての温かい食事を召しあがって頂くために、お産の進捗は随時看護師から内線で連絡が入ってきます。

「産まれたって!」「さてっ!」と、短く気合と、パタパタと足音に、「キーン」「コンッ」と金物が鳴り、

一瞬にして緊張した空気になりますが、しかし、スタッフの表情はいたって穏やかで、

鍋を見つめるまなざしはどこか誇らしげに見えたりします。

厨房スタッフにとって、最高のお褒めの言葉は「おいしい」の、ただ一つだと言います。

おいしく召し上がって頂くために、できる事、全部やる。

長時間に渡るお産で、体力も消耗してへとへとの疲れた身体も、今度は赤ちゃんのために

早く回復させてあげないといけません。

温かい食事は心癒され、ほっとして、優しい気分になれます。

栄養面も考えていますから、しっかりと召し上がって早く元気になってほしいと、キッチンからいつも願っています。

配膳にお部屋に伺う、お姉さんも、ちょっとシャイなコックさんもみな気持ちは同じです。

ちょっと平均年齢が高い(!?)かな、でもとても元気で陽気なチームです。

患者さまと病院を支えるスタッフ

 

野崎クリニックには、さまざまな職種のスタッフがいます。

いわゆる病院¹⁾ですから、医師はもちろんのこと、看護師ら医療スタッフがいます。

産婦人科、小児科ということで、産婦人科医、助産師、小児科医、また手術や無痛分娩に欠かせない麻酔科医、

不妊治療の部門では胚培養士、不妊カウンセラーが、他にも臨床検査技師、薬剤師など。

専門職種が連携しながら患者さんのケアにあたらせていただいています。

しかし、院内には患者さんやスタッフを支える重要な職種のスタッフが多くいます。

お産の際や産後に患者さんに寄り添うエステのスタッフ、患者さんにお食事を提供する厨房スタッフ、

備品や器具の管理また入退院時のお手伝いをするクラークスタッフ、患者さんの介助などマルチな看護助手、

ご案内・受付、会計を行う事務スタッフ、院内の環境整備や掃除をするクリーンスタッフ、

職員や患者さんのお子様を預かる託児の保育スタッフ、また外部からではありますが、

授乳指導のために栄養士、ヨガやエアロビクスの先生も招いています。

 

こうしてみると、本当に多くのいろいろなスタッフが毎日患者さんや病院の維持のために働いていることが分かります。

どのスタッフも欠くことのできない大事な役割があり、一部を担うに過ぎないかもしれませんけれど、

それぞれの職種への礎(いしずえ)となっています。

とりわけ、非医療系スタッフは直接患者さん方に接する機会も少なく地味な立場なのかもしれませんが、

それぞれが患者さん方のこと、気遣いながら仕事をしています。

例えばクリーンスタッフ。病室やトイレの掃除が仕事と思われがちですが、キレイを通じて快適な気分、やすらぎを提供する、

ココロのクリーナーさんなのです。

小さな気遣いも忘れません、どうしても物音のでるお掃除、患者さんがお休みになっている場合はあえて遠慮することも。

お部屋の小さな一輪挿しは患者さんお一人ごとへのメッセージ、お気づきになったらお花を愛でてあげてください。

クリーンスタッフは医師や看護師らとは違い、どこか生活感漂う優しい女性ばかりです。

なんでもかまいません、お気づきのこと、または心配なこと不安なこと、よろしかったらお気軽に声をかけてください。

 

¹⁾「病院」;医療法では「20床以上の入院施設」を指すもので、当院は「19床以下」の「クリニック」

本コラムは一般の方向けに解釈しやすいよう通称的に用いました。

~大当郎の風とは~

 当院スタッフによる、ちょっとした出来事や日頃の感じていることなどを載せています。

 よかったら、お気軽に覗いてみてくださいね♪

 

 清々しいこの時期「大当郎の風」は、この季節の水を張った水田撫でる爽やかな風をイメージして名付けました。

 水田は母なるもの、苗が小さな生命の源とすれば、田植えで生命が結ばれて、か細い苗は栄養を得ようとしっかり

 根を張ります。そんな植えられたばかりの早苗をやさしくそよぐ風のようでありたい、そんな想いが

 込められています。

 

 私たちは頑張る小さな生命を応援する仕事であることと、お誕生の日のご家族のお喜びに報われとやりがいを感じます。

 ご出産後、退院される時、玄関前の当院の看板を背景にお子様を抱いて写真を撮るご夫婦がいらっしゃいます。

 外でのことなのでスタッフの者もこの事を知らなかったのですが、出入りするある納入業者さんから聞きました。

 『時々見かけますよ♪微笑ましいですね。』と。

 

 今日も爽やかな風が吹いています。

 両親に抱かれた赤ちゃんの頬をそっと撫でるように吹いています。

 ちょっぴり不安そうな若いお父さんお母さんには、背中を押す様に吹き付けます。

 大きくなったかな。あの赤ちゃんのこと、風の便りで聞けたらいいな(^^♪