変わるマスク

突如にして急速に世界を席巻してしまったコロナウイルス、ようやく日本においては収束の兆しが見えてきました。

併せて世の中の情勢、身近な生活様式も大きく変容し、これからはこの新しい感染症と

うまく付き合っていかなくていけないこととなってしまいました。

さて、これまでこのコロナに関わる様々な話題の内、とりわけマスクの問題は異常かつ異様ともいえました。

薬局の店頭に普通にあったのが、瞬く間になくなり、早朝には行列ができ、

ネット上では信じられない高額で転売されていました。

業を煮やした国は布マスクを全世帯に配布すると決めましたが、それもすったもんだあり、

いまだにすべては届いていない状況です。

マスクの意義も当初は“健康な人はつけないで”と謳われていましたが、無症状で誰が感染しているかわからない

状況に“うつされないように”と変わっていきました。

私たち、マスクを日常的に使用する者にとりましては、こうした混乱は既に「緊急非常事態」でした。

多くの妊婦さんや新生児を診ることから、職員の側から風邪などをうつさないようにと常時着用していました。

ですが、今は職員が感染すると多くの職場スタッフが休む、いわゆる「医療崩壊」にとなりかねないと考えます。

引き続き、来院時の検温、手指消毒、そしてマスク着用のご協力をお願い致します。

 

プライベートでももはや当たり前となったマスク着用ですが最近は手作りも増え、

おしゃれな要素も加わり気分も上がっています。小池都知事も毎度ステキなマスクをつけて会見されていますし、

この頃は街に出ても他人のマスクを見る楽しみもあります。そのため業務以外で白い不織布の従来品を

つけていると、なんだか下着姿で出歩いているような気恥しさすらあります。(私だけかも?)

というように、私のマスク観はこの数カ月で激変しました。ニュースではマスク不足ばかりだったのが

新素材マスク開発とか、さまざまな業種の参入とか明るい話題が出てくるようになりました。

緊急事態宣言は解除されそうですが、引き続きマスクをみなさま方、着用を続けていただき、

ファッションとは飛躍しすぎかもしれませんが、感染予防を少しでも楽しいものと思えたら、いいですよね。